秩父の森のどんぐり拾い
トップページへ戻る活動紹介ページへ戻る
NPO法人秩父百年の森
秩父の森で種を採取して素性の確かな秩父本来の遺伝子をもつ苗を育て山へ帰す森づくりを行っています
(ドングリなど種の採取は関係各所の許可を得て行っています)
七跳山カエデ種採取
2021/10/07
カエデやブナなどの観察と種の採取で、色づき始めた七跳山(標高1,651m)へ、
ヒナウチワカエデ・コミネカエデなどの種を採取、残念ながらブナは今回も種を確認できず、ミズナラのドングリも不作でクマの心配はすくなく気配もなかった。
年々枯れ死した木が増えているように感じます、特にブナは酸性雨に弱く、痛みが大きい木が多いようです。
(種の採取は関係各所の許可を得て行っています)
中津川での実生苗採取
2919/06/22
中津川で実生苗の採取を行いました。虫や動物に食べられたり、枯れ死したりしていて苦戦、なんとかブナやシオジなど63本を採取。
雨の中、白く輝くオオバアサガラが印象的でした。
(関係機関の許可を得て行っています)
オオバアサガラ
中津地区で種の採取
2018/10/06
中津地区でブナやカエデの種の採取を行いました、夏に大持山の種付き状態を観察したところブナが全滅状態でしたので採取地を中津地区へ移してトチ600粒、イヌブナ240粒、ヒナウチワカエデ80粒を採取。 ミズナラは中津川渓畔林でも不作で採取はできず。
育苗ポットで2~3年育て、その後、苗畑で2~3年育ててから山へ帰します。
イヌブナ
ヒナウチワカエデ
大持山ブナ種採取
2017/10/07
雨あがり、ブナの種の採取に妻坂から大持山まで、7月の観察時は豊作を期待していたが、残念ながら木についたまま虫に入られ発芽しそうなのは僅か。 5名で頑張って探し、ブナの種430粒を採取、他にはミズナラのどんぐりやカエデの種を500粒採取しました。
seed20171007seed20171007seed20171007seed20171007
seed20171007seed20171007seed20171007
seed20171007seed20171007seed20171007seed20171007seed20171007
珍しいカエデの種採取
2017/09/30
標高の高い山地にしか自生していないカエデの採取を行いました。テツカエデ/オオバミネカエデ/ナンゴクミネカエデ/オガラバナなど貴重な種を600粒程採取、苗床で数年育て、さらに苗畑で数年育て山へ帰します。
seed20170930seed20170930
seed20170930seed20170930seed20170930seed20170930
seed20170930seed20170930seed20170930
seed20170930seed20170930seed20170930seed20170930seed20170930
中津川渓畔林でのドングリ拾い
2013/10/06
苗づくり用のドングリを中津川渓畔林で行いました。久々に豊作となったイヌブナ(残念ながらブナの種は今年も不作でした)やミズナラ、オオモミジやホソエカエデなどのカエデ類、ダンコウバイなどなど沢山採取できました。川の中で産卵行動をしているヤマメのカップルを観察しました。
seed20131006seed20131006seed20131006seed20131006seed20131006
seed20131006seed20131006seed20131006seed20131006seed20131006
seed20131006seed20131006seed20131006seed20131006
大若沢ドングリ拾い
2011/10/23
35名の参加者で中津大若沢をドングリ拾いとヤマメの産卵を観察しながら勘兵衛の滝までのハイキング、拾ったドングリは皆でポットへ植える。午後は2班に分かれ、大人たちは恒例のシャンドフルールでのランチに至福の時を過ごし、子供達はニジマス釣りに大興奮でした。
s-20111023s-20111023s-20111023s-20111023
s-20111023s-20111023
s-20111023s-20111023s-20111023s-20111023