フォトライブラリー
森の詩
秋のみのり
2019/10/07
実りの秋ですね。槌打から川又へと観察にいってきました。
たわわに実るは「ヤマナシ」です、漢字で書くと「山梨」、小さいですが食卓に上る和梨の原種です、硬くて酸っぱいです、煮て食べると良いそうです。
アブラチャンも実っていました、良い香りです、漢字で書くと「油瀝青」、名前の通り油を含み、特に種はよく燃えるそうです。
ミツデカエデ、メグスリノキもたくさん種をつけています、どちらも葉を一見するとカエデには見えませんが、対生の枝とプロペラのような翼をもつ種からカエデと分かります。
白い花はウドです、春まで場所を覚えていると、美味しいお裾分けが頂けるかもしれませんね。
オレンジの花はフシグロセンノウ、季節を間違えて遅れて咲いたようです。
ヤマナシ(山梨)
アブラチャン
ミツデカエ
メグスリノキ
    ウド
フシグロセンノウ    
かえでの森/春のような雰囲気です
《 写真をクリックすると拡大画像が見られます 》
トップページへ戻る   インデックスへ戻る
Copyright© 2009 NPO ChichibuHyakunenNoMori. All Rights Reserve
©2009 掲載記事、写真などの無断転用を禁じます。すべての著作権はCCF・秩父百年の森に帰属します